家の形の置物

自然素材の家で暮らそう|家族の健康を願うならコレ

家族の健康を守る

男性

自然の素材にこだわる

1970年代の終わり頃から新築の家に住み始めてから、原因不明の頭痛や吐き気を起こすシックハウス症候群の実態が明らかになったことで、千葉でも自然素材の家が注目を集めるようになりました。その原因は、それまでより気密性の高い家が増えたこともあり、建材で使用された接着剤や塗料、防腐剤に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質が人体に悪影響を及ぼしているというものでした。シックハウス症候群は有効な治療法が確立されておらず、1度発症すると極わずかな量の化学物質にも敏感に反応してしまうようになります。大量生産の化学建材に比べコストは高くなりがちですが、千葉に建てる自然素材の家は、決して流行りやブームだけでなく、家族みんなの健康を守るためにも一考の価値があるといえます。現在安全な建材として広く用いられている自然素材は、化学物質が使用されていないだけでなく、他にも様々なメリットがあります。その1つに湿潤性があり、千葉で昔ながらの左官仕上げの塗り壁や珪藻土、漆喰の壁、無垢材、畳などは、余分な湿気を吸収する特徴を持っています。吸収した結果、結露が起こりにくくなり、黴やダニの繁殖が抑えられるのも自然素材の家の魅力です。また湿潤性に優れた建材は、透過性があるので呼吸する建材とも呼ばれ、有害物質や嫌なにおいを吸収・分解する効果も期待できます。さらに自然素材の家は蓄熱効果が高いため、暖かく居心地の良い住居空間を千葉で作り出すことができます。

沿線沿いの住宅地が人気

京阪沿線は大阪や京都へ通勤するサラリーマンのベッドタウンとして開発が進んでいます。琵琶湖、草津、宇治などでは、ニュータウン開発が進んでいます。戸建て住宅を購入する者の多くは、住宅ローンを使用して購入しています。頭金ゼロ物件では、購入後の住宅ローンの返済が増加することになりますので、注意が必要です。

住宅集合地域は探せる

富田林市にある戸建てはたくさんありますから、しっかりチェックする必要があります。戸建ては少し見ただけで判断できません。まずは経過年数をチェックしましょう。地域によって価格が大きく変わってきます。古くても高い場合がありますし、新しいのに安いという場合もあります。ネットで探すのが良いです。

暮らしやすい人気の都市

藤沢は、住環境の良さから人気のある都市です。特に各種施設の多い藤沢駅の周辺や、閑静な住宅街となっている湘南台、再開発がさかんに進められている辻堂の土地が注目されています。それぞれに異なるメリットがあるため、多くの人がそれを把握した上で、ライフスタイルにより合う地域を選び、土地を購入しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加