模型

自然素材の家で暮らそう|家族の健康を願うならコレ

沿線沿いの住宅地が人気

家

頭金ゼロに注意が必要

大阪と京都を結ぶ京阪沿線には、大阪や京都へ通勤する者の多くが居住しています。京阪沿線の寝屋川、枚方などは京阪神地域へ通勤するサラリーマンのベッドタウンとして、昔から都市化が進んでいます。近年、新しくベッドタウンとして開発されるニュータウンは、自然豊か郊外へその位置を移動しています。現在では、京阪沿線の豊中、草津、琵琶湖、宇治周辺の自然豊なニュータウンが人気を集めています。これらの京阪沿線の地域はニュータウンとして計画的に住環境が整備され、戸建て住宅が建設されるなど、新しい街づくりが進んでいます。戸建て住宅を建設する者の多くは、購入代金の一部を頭金として支払い、残りの金額を住宅ローンとして金融機関から借り入れて購入しています。住宅ローンの年間の返済は、年収の2割から3割程度が理想的であると云われています。不動産業者の中には、戸建て住宅の購入時の頭金ゼロを宣伝する業者もいますが、以後の支払いが増加することになりますので、注意が必要です。住宅ローンを使用して戸建て住宅を購入する場合には、購入後に発生する住宅の維持管理費用などにも注意する必要があります。購入した住宅には、毎年、固定資産税や都市計画税などが発生します。一定の新築戸建て住宅を購入した場合には、減税措置が設けられています。また、住宅ローンを利用してマイホームを取得した者には、所得税の確定申告で減税を受けることができます。住宅ローンを借りた場合には利息が発生しますので、早期の返済が必要です。資金的な余裕が出た場合には、住宅ローンの繰り上げ償還により住宅ローンの残高を減額することが効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加